ブログアフィリエイトキーワード選定のポイント│その2

ユーザーファースト本質のSEOとは?

ブログアフィリエイトの肝は、キーワード選定。
 
キーワード選定のポイントについて、前の記事でお話ししました。
参考になっちゃうので、読んでみて!!
⇒ 物販アフィリエイトキーワード選定のポイント│その1
 
アクセスはどこからやってくる?
ランキングサイトではないですよ^^
検索エンジンからですよね!!

 

 

 

 

アクセスは検索エンジンからやってくる。
それも1ページ目に上がらないと、やっぱり意味がないわけ。
 

1ページ目でも、下位だとクリックされる確率は落ちていく・・・・
解りますか?

 

PCでもスマホでも、スクロールする前の位置に、
自分のサイトなり、書いた記事なりがないとクリックされる率は
低下していきます。
 
人はみんな忙しいらしいの・・・
 

せっかちさんが多いという事ですね^^
私の場合、そんなにせっかちさんではないので、
2ページでも3ページでも見ちゃいますが・・・・・
 

大体の人は、1ページ目だけなんですよね・・・・しっかり見るのは・・・
 

その時に、しっかりした内容の記事があって、
自分の探していることにマッチした記事があれば、読んでくれるという事。
 

・・・・という事は、アクセスはそうやって、流れてくるんですよ~^^

 

ここしっかり認識してくださいね。

 

うんでもって、キーワード選定その2という事なんですが・・・
キーワードも、どんな語句を持ってきてもいいってわけではないのです。

 

トンチンカンなキーワード選定をしていると、
いつまでたっても報酬ゲットとはいかないんだな~!!

 

 

商品について何が知りたい?イメージしてみましょう!

物販の場合、商品ありきで考えましょう。
鉄板ですね^^
 

商品名を知っている人は、その商品についてどういうことが知りたい?
 

これを考えると、解りやすいかしら?
ちょっと解らん!!イメージできない?
だったら、自分がその商品を購入する時、どんなことを知りたいか?
って、考えてみて!!
例えば・・・

 

美容系のブログでいうと、美容サプリを購入しようと思ったら、
どんな語句で検索してみますか?
 

美容サプリ 効果 値段・・・
 

こんな感じかしらね(これが、複合キーワード)です。
 

他にもイメージすると、どんどん広がりません?

 

  • どんな人にいいのか?
  • 肌の乾燥は治る?
  • 美肌になれる?
  • シワが消える?

 

メモでもいいので、どんどん書き出していきます。
 

サプリの場合、悩みがある人が購入するわけで、
肌の悩みや健康上の悩み・・・・そういう人が購入する時、
どんな語句(キーワードのことよ^^)で調べているか?
 

っていうことを考えるわけです。

 

それを、どんどんメモしていく。
そうすると、キーワードのノートが出来上がっちゃいますね^^

 

こうやって、紹介する商品や自分のブログのジャンル(テーマ)に関して、
イメージしながら、キーワードをどんどん集めていくことが大事。

 

うんでもって、そのキーワードをググってみて、
ヒットした件数が多かったら、ライバルが多いなーっでは次!!って感じで、
ググる練習をしていきます。

 

逆に、少ない場合はライバルが少ない、もしくはそういう需要がないかも?
ここもイメージすればできますよね^^
ビジネス的に言い換えると、これがマーケティング思考です^^
あはは・・・・
 

あとは、キーワードをどう使うか?
これまた、お話は長くなるので今日はここまで!!
ぜひとも、やってみてくださいね^^
実践あるのみです!!

 

 

 

 

今日の記事はお役にたてましたでしょうか?
お役に立てたわ・・・って思ったら、ぽちっとな♪

あなたのぽちっとで、元気100億万倍!!

“ブログアフィリエイトキーワード選定のポイント│その2” への4件のフィードバック

  1. トシカズ より:

    ちえぞうさん、こんばんわ!
    キーワード、これいつも悩みますね。
    これに決めた!決めない!も自分次第ですね。
    応援していきます。

    • ちえぞう より:

      トシカズさん
      ブログに訪問&コメントありがとうございます。
      なんと、スパムフォルダに入ってしまっていました。
      (ごめんなさいね^^)

      キーワード選定は、集客の部分でも大事なポイントです。
      練習も大事ですが、決断もやっぱり大事!!

      応援ありがとうございます。

  2. デルコです!
    また見に来ちゃいました。

    > 逆に、少ない場合はライバルが少ない、もしくはそういう需要がないかも?

    そうなんですよね。

    「ネットで探しても見つからなかった情報を自分でやって調べて、ネットに情報をあげよう。」と思ってニッチなことばっかり書いていたから、全然、アクセスがなかったんです。

    「需要がない」ってやつだったんですよねぇ。。。

    今は、需要のあるものに取り組んでいます!

    わかりやすいので、また寄らせてもらいます!

    • ちえぞう より:

      デルコさん。
      こんにちは。いつもありがとうございます。

      コアなキーワードを狙うのって、一理あるんですが、
      最初は難しいかもしれませんね^^
      ニッチなことって、それなりにヒットする場合はありますが、
      需要が内容だと、せっかく調べた情報も捨て情報になってしまいます。
      情報の提供は必要ですが、ニッチなものは記事中で書いたりして、
      混ぜるようにするといいかもですよ~^^
      頑張ってください^^

      またいつでも訪問くださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です